2015年10月25日日曜日

Interactive Brokersへの入金は三井住友銀行一択で確定?

Citibankの三井住友信託銀行統合に伴う、Interactive Brokers(以下IBと記載)への入金手数料値上げを知り悲嘆にくれていました。






(参考記事)
[悲報]Citibankの三井住友信託銀行への統合後、Interactive Brokersへの入金手数料が大幅値上げ
CitibankのSMBC信託銀行への統合後を考える
Interactive Brokers LLCで口座開設してみた その3


今後、IBとの資金やり取りをどこの銀行でやれば?と途方にくれているのですが。。。
あれ?もしかして三井住友銀行でいけんじゃねーの?って思えてきました。。

IBはおなじみ、シティバンクに法人口座を持ってます。
そして、国内非居住者です。
たいていの銀行は海外送金に準じて高額な手数料取ってくれるのですが、
三井住友銀行は、国内非居住者を明確に定義し手数料を定めてます。

で、今回改めて確認してみたのですが、ん?注釈が・・・

※ シティバンク銀行あては不要です。


あー、シティバンク宛ては不要なんだー。
なんか三井住友信託銀行の統合と関係してんですかねー。

ん?


三井住友銀行 外国送金サービス(SMBCダイレクト)より
(出所:三井住友銀行より)

不要て振込手数料不要ということ??
これって、手数料315円で振り込みできるCitibankよりお得ってこと??
これは、Citibank統合に伴う一時的な措置なんでしょうか。
それとも私の単なる勘違いか?

もし、Citibankへの送金がずっと無料であるのであればありがたいです。
海外送金はコルレス契約に則っているのでどうしてもコストがかかるのはなんとなくわかるのですが。。。
この縛りが世界的にもちっとゆるくなるとよいなと思うのですがね。
マネーロンダリングで使われるリスクを考えるとそうそう緩くもできないのかもしれませんが。


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村