2016年2月7日日曜日

だったらどんどん受け入れればいいじゃん、欧州で

経済協力開発機構(OECD)の国際移民課長が意味不明な発言をしています。
何か、欧州の難民受け入れは投資だって胸張ってるんだが。
じゃぁもっともっと欧州で受け入れればいいじゃん。
日本は残念ながら縁がなかったことでよいですよ。


(参考)
難民受け入れは「投資」=OECD幹部、経済的利点指摘








デュモン氏はこの中で、スウェーデンに到着した難民申請者の約40%は高校卒業以上の学歴があり、職業スキルも持っていると説明。


スウェーデンでは受け入れた難民のうち60%程が高校も卒業しておらず、何らの職業スキルももっていない。
ということでしょう。
さかんに経済的利益を謳って難民受け入れを狙ってますがねぇ。
そもそも デュモン氏が受け入れを薦めている、経済的利点は彼の説明からは全く持って魅力を感じられません。

尚、日本国では条約難民を受け入れることになってます。
安価な労働力としての難民受け入れはやっておりません。

(参考)外務省ウェブページ 国内における難民の受け入れ

ちなみに、ドイツでは安価な労働力が得られる期待と国際的な見栄を張って、難民受け入れを表明しちまいました、メルケルさんが。
それにより、難民のドイツへの大移動が始まってしまいました。
そう、難民の通過国になってしまう他国の迷惑なんて全く考えていません。
さらに、自国での犯罪増加につながっちまったですよ。

デュモン氏は数百人の犯罪者がいても大したことないなんてこと言ってますが・・・自分の娘や親族が犯罪に巻き込まれても同じこと言ってられますかね?

日本としては難民受け入れに慎重になるべきと思います。
経済的な観点でいうと、難民の安価な労働力をあてにされてしまうと、我々日本人の給料下がっちまいます。
さらに税金が難民の生活保護のために使われてしまい、第一に守られなければならない日本国民がますます貧しくなります。

・・・ま、中東に住んでる人は日本に来たいなんてひとはかなり少ないでしょう。
日本はシナや半島からの不法入国で手いっぱいですからね・・・


にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村