2016年2月7日日曜日

ロケット?ミサイル?


世界最悪のならず者国家として世にはばかる北朝鮮が発射しました。

<ロイター記事>
北朝鮮がミサイル発射、日米韓は強く非難 緊急安保理開催へ

記事によると、
発射されたロケットは5つに分離。これまでに4つの落下物が確認されている。1つ目は午前9時37分ごろ に朝鮮半島の西150キロの黄海上、2つ目と3つ目は午前9時39分ごろに朝鮮半島の南西250キロの東シナ海上、4つ目が日本の南約2000キロの太平 洋。4つ目のみ予告範囲外に落下したとみられるという。5つ目の物体は南に向けて飛行を続けた。
とのこと。






事前に、日本領空を通過する場合は破壊措置をとると報道されてました。
もしや波乱が?と思わせましたが、結局破壊行動はとりませんでしたね。

さて、裏ではイランとの核爆弾取引のためになんとでもこれ(※)が必要だったとも言われています。
※核実験と、ミサイル発射実験
そして、戦争しない米国大統領オバマ氏任期である2016年中が最後のチャンスであると。

・・・という国際情勢の話はよくわかりませんが、これが世界の相場にどのような影響を与えるでしょうかね。


ペルシャ湾岸の緊張がより一層高まるとか。
核技術を手に入れそうになるイランと、対立するサウジアラビア。
(サウジも対抗して核を持つ、というリスクはあるかと思います。)

そうすると、ペルシャ湾からの原油輸入は回避の動きが出るかもしれません。
そうすると供給不安から原油価格は上昇すると思われます。

仮に原油価格が上昇したとして喜ぶのはどこでしょうか。
まず考えられるのはロシアです。
資源輸出に頼り切るこの国は経済が相当ヤバイとも聞きます。
後は米国かな。
シェールオイルは中東やロシアと比べて採掘コストが高いのでかなり厳しいでしょう。
事実リグカウントはリーマンショック時並みに減少したともいわれてますしね。

後は有事の金買いかな?
金はどちらかというとドルが下落する際に買われるというので、直接は関係しないかもしれません。

どこかで相場に繋がる(かもしれない)この事件、今後もアンテナの感度を高くしてみていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村